安価でも侮れない餃子!三桃食品 マイルド餃子 レビュー

今回は、三桃食品 マイルド餃子のレビューをご紹介します!

三桃食品株式会社から発売の『マイルド餃子』は、焼いてパリパリ、揚げてサクサク、茹でてジューシーな味わいが楽しめる、マイルドな味わいのチルド餃子です。国内製造品。身内がスーパーで安価だったので買ってみたとのこと。価格はまさかの78円(税抜き)です。

パッケージは赤い中華風の絵柄のデザインで、パッケージ全面に『マイルド餃子』と記載。焼き立ての餃子も掲載されるなど食欲をそそるものになっています。一部が透明で中身も確認が可能。これで100円以下とは・・・。逆に怪しくなったり・・・。

裏面にはお召し上がり方は原材料、成分表などが記載されています。

製造者の三桃食品株式会社は福島県久留米市に本社を置く、チルド餃子やシュウマイ、小籠包、中華饅頭といった中華食品を製造、販売している会社になります。

調理方法は焼く、揚げる、茹でる、そして電子レンジで温めるといった方法があります。

焼く場合はフライパンに油をひき、餃子を並べて中火で各面を焼き上げます。揚げる場合は170℃程度に熱した油に餃子を入れ、きつね色になるまで揚げます。茹でる場合は沸騰したお湯に餃子を入れ、1分30秒ほどであげます。レンジは中からタレを取り出し、袋のまま1分20秒レンチンします。

茹でるのが一番ヘルシーに食べられますが、美味しいのは揚げるか焼くかですね。

成分表です。

製品1パック当たり

エネルギー 278kcal
たんぱく質 11.9g
脂質 6.8g
炭水化物 42.1g
食塩相当量 2.2g

開封。餃子はほぼ一口サイズで小ぶり。王将の餃子の半分か少し大きいくらいですかね。まぁこの価格なので全然ありだと思います。餃子同士が分けて入っているのでくっつかず安心。個別に食すこともできます。タレが付いていないチルド餃子も多いので、タレ好きな自分としては嬉しいですね。

タレはさっぱりとしたした感じで醤油と醸造酢、ラー油のシンプルなものになっています。

では焼いていきます。フライパンにサラダ油を少し垂らし、餃子を並べて火にかけます。火力は中火。特に水は入れません。このフライパンは以前このブログでレビューしたフレーバーストーンになります。どんな状態でも引っ付かないので、自分としては最強のフライパンだと思っています。

⇒他とは違う!?最強のフライパン!? フレーバーストーンのレビューです。

餃子を転がしながら各面に焼き目を付けていきます。香ばしいいい香りが広がりますね♪

では食べた感想です。

一口でパクッと食べられる小口タイプでとても食べやすいです。中の餡には密度感があってしっかりと練られている感じ。なのでその分食べ応えがありますし、食べている感が強いですね。旨味もしっかりとあってジューシー。とても美味しいです。

皮もパリッ、カリカリっとした食感がありますし、餡とは違った食感が楽しめるのがいいですね。ご飯とも合いますし、おつまみとしてもおやつにでも良さそうです。安価でいてクセになりそうな美味しさがある、侮れない餃子でした。


関連記事