森永 午後の紅茶 レモンティーパイのレビューです。

こんにちは!

今回は、森永製菓株式会社から発売の期間限定商品、午後の紅茶レモンティーパイのレビューをご紹介します!

森永製菓株式会社は、チョコボールや小枝、ハイチューやおっとっと、エンゼルパイ、チョコモナカジャンボ、アイスボックスなど、数えきれないほど有名な商品を発売している大手菓子製造業者です。

そしてこの午後の紅茶レモンティーパイは、午後の紅茶レモンティーの発売元である、キリンビバレッジ株式会社が監修し、森永製菓が製造した共同開発商品です。

DSC_0002

パッケージはレモンティを意識した黄色のデザインです。パッケージにもレモンティのイメージ写真が写っていますね。

DSC_0003

パッケージはウラとオモテで、横デザインと縦デザインにわかれています。

DSC_0006

DSC_0007

また、開封口も縦開けと横開けがあるので、都合の良い開け方が出来ます。

DSC_0005

成分表です。

一枚6.8g当たり

エネルギー 38kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 2.4g
炭水化物 3.9g
ナトリウム 22mg

1小袋に2枚入りで、2枚食べても76kcalで、全くカロリーを気にする必要はありませんね。

では開けてみましょう。

DSC_0008

パイが想像以上に分厚いです!もっと薄いものかと思っていました(^_^;)

DSC_0009

DSC_0010

小袋は思ったよりも縦長ですね。では小袋も開けてみます。

DSC_0011

小袋には2枚入っています。だから分厚かったんですね。

DSC_0012

小袋から出すときにパイを触りましたが、表面のレモン風味クリームが少し手につくような手触りを感じました。(実際には手につかないであっさりしています)ただ、手にレモンティーの香りがついて、すごくレモンの香りがします。

DSC_0013

裏面はパイ生地ですね。サクサクとした食感が見た目で感じられます。

DSC_0015

手で割ってみました。割るにはそこそこ力が必要です。割るときにはレモンティ風味のクリームが少し手につきました。

何層にも別れたパイ生地が美味しそうですね。

では食べた感想です。

パイを口に含んだだけで、レモンティーの風味が一気に口に広がります。そして鼻から紅茶の香りが抜けていきます。紅茶とレモンで少し癒やされるような感じもありますね。

食感はパイのサクサクとした食感と、パイの表面を覆っている、透明でつやつやした水飴のコーティングがカリカリとした食感を出していて、パイとしての食感も楽しめます。

そしてレモンティー風味のクリームと、だんだん口の中で砕けていくパイ生地が合わさることで、飲料の午後の紅茶レモンティーとはまた違った、上品なおやつの時間を演出するお菓子の風味を出してきます。

ひょっとしたら、午後の紅茶レモンティーと、お菓子として午後の紅茶レモンティーパイの組み合わせも案外いけるのではないかと思わせてくれるお菓子です。

DSC_0008

DSC_0009

冷やしてみました。

手触りや香りに大きな変化は無いですね。クリームは手につかなかったです。食べると、ひんやりとして、冷やしたレモンティーを飲んだような、少しスッキリ爽快な感じがします。

上品な御茶会などに、上品な気分を味わえる一品です。冷やしても、そのまま食べてもおいしくいただけるレモンティーパイで、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆ 3
香り ☆☆☆☆ 4
食感☆☆☆☆ 4
食べごたえ☆☆☆ 3
辛さ 0
満足度☆☆☆☆ 4


関連記事