他とは違う!?最強のフライパン!? フレーバーストーンのレビューです。

今回は、ダイレクトテレショップ フレーバーストーンのレビューをご紹介します!

フレーバーストーンは、特別なコーティングが施された『くっつきにくく焦げつきにくい』フライパンです。油を使わなくても調理できるので、料理がとてもヘルシーに仕上がるのが特徴。世界累計販売数が1000万枚を突破した、世界中で大人気のアイテム。

以前楽天で北斗晶さんがCMをしていたフライパン『セラフィット』を購入し、使用していました。(セラフィットはこのサイトでレビュー済み。)⇒ショップジャパン セラフィット フライパンセットのレビューです。

セラフィットもホームセンターに売っている一般的なフライパンに比べると長持ちしますが、1年を過ぎた辺りからくっつくようになってしまいました。なので、もっと質の高いフライパンはないかと思い、新たにこのフレーバーストーンを購入してみたというわけです。

今回は開封時の状態や実際に使った感想などをレビューしたいと思います。

このようなダンボール型パッケージに入って届きます。側面は『フレーバーストーン』と英語表記されていますが、側面はカタカナで『ダイレクトテレショップ』と記載されています。国内対応版になっているみたいですね。(ちなみにこのフレーバーストーンは2018年11月に購入したものです。なので現在は内容物を含め、少し違っているかも。)

開封。中には連絡表や多数のチラシ、フレーバーストーンを使った料理レシピ本などが入っています。通販商品にはだいたい大量のチラシが入っていたりします。

フレーバーストーンを使った調理レシピ本。ラザニアなどの調理法が記載されています。ラザニアは材料を重ねるように並べ、熱したオーブンで焼き上げたら完成という、比較的ラクな料理っぽいですね。(といっても作ったことないのでわかりませんが;)チーズなどを使うと焦げ付きやすかったりしますが、このフライパンだと心配する必要がないようです。

今回購入したのは『フレーバーストーン ダイヤモンドエディション 豪華スペシャル6点セット』という商品です。内容物はディープパン、ソテーパン、ハンドル、ガラス蓋、収納マット、スペシャルレシピブックの6点セット。

収納マット以外はすべて袋に包まれて入っています。特に不備は見られませんでした。

フレーバーストーン

左がエクストラディープパンで、右がマルチソテーパンになります。ともに角型なのは、ダイアモンド加工がされたオーブン対応仕様だからだと思います。他のフレーバーストーンはオーブン対応ではない丸形フライパンになっています。このセットはオーブン対応の特別仕様なんですね。

当然表面に傷はなく、白い斑点が入った鉄製のフライパンです。赤いので汚れも特に目立ちません。

セラフィットと比較して。セラフィットは表面が白いフライパンです。焦げるとわかりやすいですね。セラフィットのフライパンは長期で使うとグリップのストッパーが弱ってきます。調理中に外れることはないですが、上に重いフライパンを重ねた状態で取っ手を掴んで持ち上げると、ガクッと取っ手が外れることもありました。

セラフィットの表面。何度も焦げ付いてきれいに洗った状態です。どうしても長期に使うと傷がついてきます。多少の焦げ付き(ひっつき)もあるので、麺類などを炒める場合は油を使ったりしてひっつかないようにする必要があります。ひっつき始めたので、使用後にペーパーで水気を切り、一度火にかけて水気を乾かしてからペーパーで油を塗るなど、油慣らしをしてから仕舞っていました。

フレーバーストーンとセラフィットを比較。サイズ的にはあまり変わらないですね。角型なので、若干フレーバーストーンのほうが多めに調理できそうです。

フレーバーストーンとセラフィットのグリップを比較。フレーバーストーンはフライパンの縁を掴んでグリップを付けるタイプ。フライパンをオーブンに入れて調理するのでこの仕様なんですね。

グリップはレバーを動かして脱着させます。この画像↑はホールド状態。フライパンの縁を掴んで固定する状態になります。

こちら↑がグリップを外すときの状態。グリップをフライパンから外すときは、はじめにレバーを右の解錠マークに合わせます。そうするとフライパンの縁を掴む上部グリップが少し開きます。

そしてグリップ左右にあるグレーのボタンを押し込みます。そうするとレバーが横向きになり、フライパンの縁を掴む上部グリップがさらに展開します。これでフライパンからグリップが外せます。外し方はグリップにマークや案内が記載されているので、すぐに慣れると思います。

グリップを取り付けた状態。さすがに2年も使っていると徐々にレバーが弱ってきます。なので、少しレバーが斜めになり、先端のグリップ力も弱まってきます。こうなるとフライパンを斜めにするとグリップがスライドしてしまうので注意です。フライパンがグリップから外れることはないと思いますが、場合によってはスライドしすぎて料理がこぼれ落ちることもあるかもです。(よほど傾けるとなるかもですね;)

あと、蓋はグリップを外さないと完全に閉じることができないようになっていますのでご注意を。

使った感想ですが、現在購入から2年が経とうとしていますが、多少表面に傷がついているものの、全く焦げ付いたりひっついたりすることなく、最初と同じ状態で使用できています。これは以前使っていたセラフィットとは雲泥の差がありました。(フライパンは毎日1回~2回使用。)

使っていても圧倒的な質の高さを感じますし、多少重さはありますが使いにくさはなく、普通のフライパンと同様に使うことができています。洗うときも多少たわしで汚れを落とし、食器洗用のスポンジと食器用洗剤でサクッと洗ってペーパーで水気を吹くだけで完了。水を飛ばしたりする必要もありません。これで2年以上使えるのは素晴らしいと思いました。

これまで使っていたどのフライパンよりもよく、これがあれば何年もフライパンが必要ないくらい、感動する商品でした。もし壊れても、多少値段が高くてもまたフレーバーストーンを購入したいですね。それだけ人におすすめしても納得してもらえるくらい、いいフライパンだと思います。

価格や質でどのフライパンを買うか迷っているなら、絶対にこれをおすすめします。尋常じゃない使い方をしない限り、長期に渡って調理をサポートしてくれると思いますよ。

フレーバーストーン

⇒楽天でフレーバーストーンを探す
⇒ヤフーショッピングでフレーバーストーンを探す


関連記事