肉味噌の甘味!!グリコ バランス食堂 ナスの肉味噌炒め レビュー

今回は、グリコ バランス食堂 ナスの肉味噌炒めのレビューをご紹介します!

江崎グリコ株式会社から発売の『バランス食堂 ナスの肉味噌炒め』は、牛ミンチ肉と大豆のお肉が入った味噌味のたれを、カットしたナスと絡めて炒めるだけでおかずとしたいただける一品。ごはんがすすむ美味しさで、子供も大人も満足できる味わいが楽しめるのが特徴です。スーパーでよく見かけるおかずの素ですが、ナスを美味しくいただける調味料が欲しくて買ってみました。価格は一袋130円程度。

パッケージはこの手の調味料でよくある、紙袋にレトルトパウチの容器が入ったタイプです。写真は調理されたなすの肉味噌炒めと、そっと添えられたご飯が掲載。見るだけでお腹が空いてくるやつですね;

裏面には原材料や成分表、調理方法などが記載されています。

成分表です。

製品のみ1人前(26.0g)当たり

エネルギー 34kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 0.9g
炭水化物 5.2g
食塩相当量 1.1g

表示の分量で作った場合1人前

エネルギー 448kcal
たんぱく質 15.3g
脂質 12.7g
炭水化物 68.1g
食塩相当量 1.2g

調理方法は簡単。まずは豚の細切れ150gとナス3本を用意し、豚の細切れは一口サイズにカット。ナスはヘタを取り、7cm✕2cm程度にカットします。その後は細切れとナスをそれぞれ炒め、この肉味噌炒めの素を加えてさっと炒めて完成。

中のレトルトパウチ。こちらに調理方法は記載されていないので、調理が終わるまでは外袋はとっておいたほうが良さそうです。

では調理していきます。ナスはヘタを取ってそれぞれ半分に切り、7cm✕2cm程度にカットします。今回はしいたけも入れることにしたので、しいたけを厚めにスライスしておきました。

豚の細切れがなかったので、代わりに豚バラを使います。豚バラを一口サイズにカット。

まずはフライパンに油をしき、豚バラ肉を炒めます。火が強すぎると焦げることがあるので、中火程度でふんわりと炒めていきます。

豚バラが完全に炒まったらカットしておいたナスとしいたけを入れて炒めます。変わらず中火で炒め。

菜箸で混ぜながら数分程度炒めると、ナスが油を吸ったりしてシナっとなってきます。ナスが全体的にシナっとなったら炒まった合図なので、火を弱火にしてレトルトパウチのなすの肉味噌炒めの素を投入。

素が全体に絡むように混ぜ合わせたら完成です。

 

豚バラを使うと脂が多く出るので、油跳ねには注意が必要。炒めるときにサラダ油は入れなくてもいいかもですね。

では食べた感想です。

ナスは柔らかく瑞々しいですし、肉味噌の甘味のある味をほんのり纏っています。一方の豚肉も柔らかく、炒めたことでカリッと食感が出ているのがいいですね。肉味噌の味も豚肉の方がしっかりと纏っていて、甘辛さと豚の脂の甘味が感じられてとてもジューシー。とても美味しいです。

ご飯との相性もバッチリで、お酒にも合いそうですね。ピリ辛さは全くないので、お子様も美味しくいただけるかと。ナス嫌いも思わず食べ尽くしてしまいそうなくらい奥深い味になっているので、栄養面でも重宝しそうですね。

⇒楽天でバランス食堂 ナスの肉味噌炒めを探す
⇒ヤフーショッピングでバランス食堂 ナスの肉味噌炒めを探す


関連記事