スターバックス パンプキンパイラテのレビューです。

こんにちは!

今回は、セブンイレブンなどで販売されている期間限定のチルド飲料、スターバックス パンプキンパイラテのレビューをご紹介します!

チルド飲料はコンビニ等でよく見かける、ストロー付きの飲料をチルド飲料(チルドカップ)といい、会社の休憩時間、外回り、ドライブ時など、手軽に飲めるのが人気となっています。

このスターバックスのチルド飲料はサントリーが販売していて、スターバックスはアメリカで創業1971年の老舗ですが、日本での販売権はサントリーが持っています。

DSC_0019

DSC_0020

パッケージはパンプキンパイをイメージした茶色です。秋の期間限定商品なので、秋色にちなんでいるのでしょうか。パッケージには枯葉のようなイメージも表示されています。

パンプキンパイはアメリカで秋の訪れとともに楽しまれている定番スイーツであることから、アメリカ発のスターバックスラテとの相性は抜群です。

DSC_0022

DSC_0023

成分表です。

1本(200ml)当たり

エネルギー 158kcal
たんぱく質 5.6g
脂質 6.4g
炭水化物 19.6g
ナトリウム 72mg

スターバックスのチルド飲料は200ml。ちなみにマウントレーニアのチルド飲料は240mlです。

DSC_0024

ストローは小ぶりです。チルド飲料の中には、果肉が入っていてストローが太めのものもありますが、このスターバックスラテは果肉も入っていないので、細身のストローです。

DSC_0025

フタは、周りにつく水滴が落ちないようにするため、コースターのような使いみちがあります。少し上品になります。

では開けてみましょう。

DSC_0026

チルド飲料のフタは銀紙とナイロン素材の2重で開けにくくなっています。ですが、色を確かめるためにも、開けて中身をコップに注いでみます。

DSC_0027

コップに注ぐと、ほろ苦く香ばしいパンプキンパイの香りと、甘い香りがしてきます。

DSC_0028

色はコーヒー飲料のような茶色をしています。『ラテ』はフランス語でミルクのことで、このパンプキンパイラテにもミルクが入っているようですね。

では飲んだ感想です。

甘く飲みやすいです。甘すぎることはないですね。後味もさっぱりしています。

味はほろ苦いビターの苦味が程よくあって、パンプキンの風味と、パイを焼いたような香ばしさ、強過ぎない甘さがほんのりラテに加わっています。

飲み始めの味は、パンプキンパイの風味意外は普通のカフェラテに近いですが、通常のカフェラテが飽きてきた人には少し新鮮味があっていいかもしれません。

パンプキンパイの風味は飲むごとに増していき、飲み終わった頃にはかなりパンプキンパイの風味と、苦味ある後味を感じることができるものになっています。

アメリカの秋のスイーツをラテで楽しめるのでいいですね。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆☆ 4
香り ☆☆☆ 3
のどごし ☆☆☆ 3
飲みごたえ ☆☆☆ 3
酸味(苦味)☆☆ 2
満足度 ☆☆☆☆ 4

⇒楽天でスターバックスの商品を探す


関連記事