ほろ酔いチョコ。ロッテ ラズベリーリキュール、チェリーブランデーチョコレート レビュー

今回は、ロッテ ラズベリーリキュール、チェリーブランデーチョコレートのレビューをご紹介します!

ロッテから発売のラズベリーリキュールは、甘酸っぱい木苺のお酒『ラズベリーリキュール』を、口どけまろやかなミルクチョコレートに閉じ込めた一品。フルーティなリキュールの香りとまろやかなチョコレートの味わいが特徴です。

チェリーブランデーチョコレートは、チェリーブランデーとチョコレートの華やかさを楽しめる、香り豊かな大人の洋酒チョコレートです。どちらも価格は200円程度。バレンタインデーに、身内が自分用として購入したものをもらいました。(なんか寂しい言い方・・・;)

パッケージはラズベリー、チェリーともに赤なので、パッケージカラーもそれに合わせてほのかなピンクにしてあります。バレンタイン時期の自分へのご褒美をイメージしたとのことで、華やかな感じが伝わってくるよう。

男性にプレゼントする場合はなんとなく気持ち(恋心?)が感じられるようなデザインになってますね。義理だとちょっと渡しづらいかも;

ラズベリーリキュールの裏面。原材料や成分表などが記載されています。バッカスチョコレートのような一粒ずつのチョコになっているので、成分表も1粒あたりの記載がされています。

ラズベリーリキュールの成分表です。

一粒(標準5.7g)当たり

エネルギー 29kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 1.5g
炭水化物 3.2g
食塩相当量 0.006g

こちらはチェリーブランデーの裏面。こちらは1本まるまるの成分表が記載されています。

チェリーブランデーの成分表です。

一本(標準44g)当たり

エネルギー 230kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 14.2g
炭水化物 22.7g
食塩相当量 0.08g

ラズベリーリキュールを開封。中身もそのままバッカスチョコレートのように入っています。

中にはたっぷりのラズベリーリキュールが。半分に割ると滴るように出てきてしまうので、チョコレート一粒を一口で食べたほうが良さそうです。

口に入れてかじると、なかからジュワーッとラズベリーリキュールが流れ出します。そして甘酸っぱい味が口に広がって鼻から抜けていきます。チョコレートの甘さとうまく合わさっていい感じに。食べたあとは、リキュールによって体がじわりじわりと温かくなってきますね。

続いてチェリーブランデーチョコレート。こちらは2枚に分かれています。

開封。厚みのある板チョコで、食べごたえがありそうですね。

こちらはお酒に浸したチェリーのような繊維質なものが入っていて、食べるとドライフルーツのような食感が楽しめるようになっています。噛むごとにチョコと混ざったチェリーからお酒の味がじわりと口に広がります。ラズベリーとはちょっと違った感覚ですが美味しいですね。ただ、リキュールタイプとは食感がまるで違うので好みがわかれるかも。

どちらも甘酸っぱい味でほろ酔い気分が味わえるなど、バレンタインなどにぴったりでコストパフォーマンスもいいので、プレゼントや自分用など、気軽にやり取りできそうでいいですね。

⇒楽天でロッテ ラズベリーリキュールを探す
⇒ヤフーショッピングでロッテ ラズベリーリキュールを探す

⇒楽天でロッテ チェリーブランデーを探す
⇒ヤフーショッピングでロッテ チェリーブランデーを探す


関連記事