東ハトハーベストチョコメリゼ アーモンドプラリネのレビューです。

こんにちは!

今回は、東ハトから発売のチョコビスケット、東ハトハーベストチョコメリゼ アーモンドプラリネのレビューをご紹介します。

東ハトはキャラメルコーン、ハーベスト、オールレーズンなど、少しリッチなお菓子を販売している製菓メーカーです。

ハーベストは1978年に発売された商品で、すでに発売から30年以上のロングセラー商品です。

わずか3ミリと薄いながらも、その中にさらに薄い生地が何枚も重ねて作られています。なので、ハーベスト特有のサクサクとした食感を楽しめるようになっているんですね。

DSC_0002

DSC_0004DSC_0003

パッケージはチョコとアーモンドを意識したやや茶色、黒ベースになっています。

DSC_0005

通常のクッキーなどと同様に、横から上に開けるパッケージです。

DSC_0006

成分表です。

一枚5.3g当たり

エネルギー 28.6kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 1.6g
炭水化物 3.2g
ナトリウム 10.8mg

では開けてみましょう。

DSC_0007

中にはしきいのプラ素材が入っていて、2列に分かれています。扱いが雑でもビスケットが割れにくくなっています。

DSC_0008

小袋はシンプル。名称のみの記載です。では小袋も開けてみましょう。

DSC_0009

DSC_0010

小袋からハーベストを出すと、アーモンドの香りがただよってきます。アーモンドをふんだんに使っているというようなイメージが香りから伝わってきます。

たくさん使っているというわけではないでしょうが、アーモンドを砕いて作られているからか、とても香ばしいような香りがしてきます。

DSC_0011

裏面です。触ると少ししっとりしていて、強く握るとチョコが手に付く感じです。

では食べた感想です。

見た目はサクサクとして甘い味を想像していましたが全く違って、柔らかな甘味の中にコーヒーのような苦味があり、食感も水飴を固めたようなややガリガリした食感がします。

昔食べた、カンロのナッツボンを食べた時のような、少し歯につくような食感です。(ナッツボンを食べたことがない人には想像できないので申し訳ないです)

カンロナッツボンはこれです。

カンロ ナッツボン 100g×6袋

ナッツボンほどガリガリしているわけではないですが、オーブンで2度焼いているから、このような少しハードな食感が生まれるのかもしれません。

アーモンドの風味は強く香ばしいですね。チョコはほのかに苦味とともに感じ、あまりチョコは主張していないかなという味です。

チョコとバニラのソースがかかっていて、どちらかというとバニラの味の方が強いのかなという甘みがします。

アーモンドを使った薄型ビスケットがそれほど種類がないので、このザクザク感ある食感とアーモンドの風味が新鮮で少し異色の一品です。

そういった意味では、御茶会などのネタ、話題になるビスケットかなぁと思いました。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆ 3
香り ☆☆☆☆ 4
食感☆☆☆☆ 4
食べごたえ☆☆☆ 3
辛さ(苦味)☆ 1
満足度☆☆☆ 3

⇒楽天で東ハトハーベストチョコメリゼ アーモンドプラリネを探す


関連記事