雪印メグミルク じっくり蒸したプリン ぎゅっと宇治抹茶のレビューです。

こんにちは!

今回は、雪印メグミルク じっくり蒸したプリン ぎゅっと宇治抹茶のレビューをご紹介します!

雪印メグミルクのじっくり蒸したプリンシリーズは、「ほくっと北海道かぼちゃ」、「ぎゅっと宇治抹茶」、「とろとろカスタード」などがあります。

全ての商品でプリンが4個づつ入っています。プリンは3個入りのものが多く、理由は1970年代、お父さんが仕事をしている午後3時のおやつに、子供二人とお母さんで分け合って食べるという理由からです。ですが、このプリンが4個入っているということは、朝や休日などの家族が揃った時に食べるというイメージで作られた商品だからでしょうか。

DSC_0002 DSC_0003

パッケージには高価そうな器に抹茶プリンが入っているイメージが掲載されています。抹茶が十分に堪能できそうです。

DSC_0004 DSC_0005

成分表です。

一個70グラム当たり

エネルギー 116kcal
たんぱく質 3.6g
脂質 6.1g
炭水化物 11.7g
ナトリウム 55mg

では開けてみましょう。

DSC_0006

端に切り口がありますが、上から開けても簡単に開くので、上から開けました。

中には台紙の上に4個の抹茶プリンが入っています。

DSC_0007 DSC_0008

残念ながら、下側にプッチンできる突起はありません。あの突起はグリコ乳業の特許でしたが、現在は特許期限は過ぎています。

ではプリンを開けてみましょう。

DSC_0009

抹茶色をしたプリンがたっぷりと入っています。香りはかなり鼻を近づけると抹茶の香りがします。手についたプリンを少し舐めましたが、抹茶の苦味を感じました。

DSC_0010

スプーンですくうと、少し溶けたマーガリンをすくうような、プリンとしては変わった硬さがあります。かなりしっかりとしていて、プルンプルンではないです。

では食べた感想です。

食感もマーガリンを舐めるような食感で、まろやかです。普通のプリンのような弾力ではなく、ペーストっぽい食感です。

味は程よく抹茶の風味がありますが、苦味はほんの少しだけ感じます。それほど苦くは感じません。

全体的に甘さも控えめで、プリンとしては不思議な食感と抹茶の風味を程よく感じる一品になっています。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆ 3.5
香り ☆☆☆ 3
食感☆☆☆☆ 4
食べごたえ☆☆☆ 3
辛さ  0
満足度☆☆☆ 3.5

⇒楽天でじっくり蒸したプリンを探す


関連記事