東ハトキャラメルコーン デコレプラリネ仕立てのレビューです。

こんにちは!

今回は、東ハトキャラメルコーン デコレプラリネ仕立てのレビューをご紹介します!

キャラメルコーンのデコレは大きめのキャラメルコーンにナッツペースト、チョコ、プラリネなどをデコレーションしたものです。

プラリネとは焙煎したナッツ(ヘーゼルナッツやアーモンドなど)に加熱した砂糖を和えてカラメル化(カラメリゼ)したもので、17世紀のフランスで考案されました。

DSC_0002 DSC_0003

パッケージは紫にゴールド系のフォントでデザインされています。高級感を感じます。

表と裏でデザインが縦書き横書きになっています。

DSC_0004

開け口は横にだけついています。お菓子によっては縦に開け口があるものもありますが、これはパッケージを縦に開けることはできません。

DSC_0005

成分表です。

一箱35g当たり

エネルギー 192.2kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 11.3g
炭水化物 21.2g
ナトリウム 44.6mg

では開けてみましょう。

DSC_0006

中には紫のパッケージが入っています。中のパッケージには薄い紫で東ハトキャラメルコーンのロゴが入っています。

切り口と製造番号らしき数字が記載されています。

切り口らしきものは見当たりませんが、どこからでも切れるようになっているようです。

DSC_0007

この開け方で正しいかどうかはわかりませんが、とりあえず飽きました(笑)

開けるとアーモンドなどのナッツを煮詰めたようなキャラメルのあまく香ばしい香りがしてきます。ナッツボンと同じような香りです。

⇒ナッツボンはこちら

DSC_0008

キャラメルコーンは表面がカリカリしていますが軽いです。表面に砂糖が付いているようで、キャラメルコーンを触ると手に少し砂糖の結晶がつきます。結晶を舐めると程よい甘さがします。

DSC_0010

断面は普通のキャラメルコーンと代わりなさそうです。見た目、ぱふぱふ感を感じます。パッケージから出すとより香ばしい香りが強くなります。

では食べた感想です。

表面が砂糖を溶かしてナッツと合わせ、コーティングしたような、ガリガリザクザクとした食感とナッツの風味が強く感じます。砂糖の結晶のような食感とナッツの食感、砂糖の甘さが合わさって、上品な味を演出しています。

内側のキャラメルコーンはやはり普通のキャラメルコーンっぽいですが、周りのコーティングがチョコの味もナッツの味もアーモンドの風味も出しているので、普通のキャラメルコーンとは全く違う味わいを感じさせます。

食感が楽しいのと、あまり他では味わえないキャラメルアーモンドの味が美味しいので、あっという間になくなるくらいついつい食べてしまう一品になっています。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆☆ 4
香り ☆☆☆☆ 4
食感☆☆☆☆ 4.5
食べごたえ☆☆☆ 3
辛さ  0
満足度☆☆☆☆ 4

⇒楽天でキャラメルコーンを探す


関連記事