森永 リーフィ シュガーコートパイのレビューです。

こんにちは!

今回は、森永製菓株式会社から発売のチョコレートパイ、森永 リーフィ シュガーコートパイのレビューをご紹介します!

森永のリーフィは薄く重ねて砂糖でコーティングされたシュガーコートパイに、ミルクチョコレートでコーティングされたチョコレートの満足感を楽しめるコンビネーションパイです。

発売期間は10月初旬からの発売で、夏の間は購入できない期間限定の商品となっています。

DSC_0065 DSC_0066

パッケージは表と裏で横デザイン、縦デザインにわかれています。どのように置いても見栄えがいいので、店頭でも家でも重宝されます。

DSC_0067

DSC_0068

パッケージ横には味博士の味覚分析レポートがあって、森永の商品との比較がされています。

DSC_0070

 

DSC_0071

開け口は上部と横に2箇所あります。都合のいいほうで開けることが出来ます。

DSC_0069

成分表です。

一枚7.1グラム当たり(1袋2枚入)

エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 2.3g
炭水化物 4.2g
ナトリウム 22mg

では開けてみましょう。

DSC_0072

中には2枚入りの小袋が6パック入っています。

DSC_0073

小袋を開けてみます。

DSC_0074

開けるとチョコレートの甘くて優しい香りが少しだけします。鼻をパイに近づけると、シナモンをチョコチップのクッキーのような香りがします。シナモンは入っていないんですが、シナモンのような香りも少しします。

DSC_0075

触っても表面のチョコレートは手につきませんが、手が温かいとチョコが溶けると思います。

DSC_0076

半分に割ってみました。ザクっと少し歯ごたえを感じますね。割ってもチョコが手に付きませんでした。

中身はパイ生地が何重かの層になっています。

では食べた感想です。

周りがシュガーコートされているので、はじめから甘さを感じます。そして噛むごとにチョコの甘みとパイ生地のサクサク感が伝わってきます。

さらにその後に、シュガーコートされた砂糖の味が溶け出して、砂糖の甘味がプラスされていくという、噛むごとに味が少しずつ変化するので味わいが楽しめます。

そしてその後全てが合わさって、全体的なチョコパイの味に仕上がっていくので、食べていて味と食感のダブルの要素が楽しめるのでいいです。おいしいです。

小袋に2枚入っているのもいいですね。1枚食べるだけだとその味を楽しむだけで終わってしまいますが、2枚食べることによってさらにもう一度その味を確認できることと、食べたことへの満足感が味わえます。

上にかかっているチョコレートが少し厚みがあるので、食感として薄い板チョコの食感も楽しめるのでさらにGoodです。

小袋仕様なので、御茶会にぜひ、他のお菓子と一緒にいかがしょうか。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆☆ 4
香り ☆☆☆ 3
食感☆☆☆☆ 4
食べごたえ☆☆☆ 3
辛さ 0
満足度☆☆☆☆ 4

⇒楽天で森永リーフィを探す


関連記事