衣類のニオイが見事に落ちる!ミヨシ 暮らしの重曹のレビューです。

こんにちは!今回は、暮らしの安心パウダー ミヨシ 暮らしの重曹のレビューをご紹介します!

暮らしの安心パウダー ミヨシ 暮らしの重曹は、掃除や洗濯、食器洗いなど、暮らしの中でつかえる洗剤です。暮らしの中のいろんな場面で使える便利品。冷蔵庫のにおい消しや浴槽の掃除にも使うことができます。重曹は胃薬・ふくらし粉・入浴剤・歯磨等にも配合されている炭酸水素ナトリウムです。

重曹はベイキングパウダーやソーダ飴の発泡剤、山菜やきのみのアク抜きや臭み取りなどに使われるので、基本的には口に入れても大丈夫です。ですが摂りすぎると血液がアルカリ性になってしまうこともあるので、一般的にはそのまま口にするのは控えたほうがいいと思います。(血液は本来は中性。)

ミヨシの暮らしの重曹は近所のスーパーやネット通販でもよく見る重曹で定番品です。クローゼットや下駄箱の臭い取り、鍋のこげ落としや洗浄、レンジ内やガラスなど様々な用途に使える超便利グッズ。常に一袋キープしておくと、困ったときに何かと役に立ちます。

今回は、ジーパンの生乾き臭をクリーニングでも落とすことが出来ず、重曹に頼ってみようと思って購入しました。

パッケージはイエローグリーン。ダスキンでも似た色が使われていたりしますが、生活グッズとしては親しみやすい色合いなんでしょうね。イラストも可愛らしく、日常の安心した生活感が感じられます。

裏面には細かい解説が記載されています。記載内容は大体前述した内容と同じです。

では開けてみましょう。

まぁ重曹なので普通の白い粉ですよね~。洗剤っぽいので、他の洗剤などと混同してしまわないよう注意です。

今回はジーパン1枚を洗うということで、それほど量は多めに使用していません。水30リットルに大さじ3杯なので、今回は20リットルで洗うので大さじ2杯です。(うろ覚えなので違ってたらスイマセンm(_ _)m)

柔軟剤を入れるところに重曹を入れました。なぜ柔軟剤を入れるところが別に用意されているかというと、一般的な洗剤に柔軟剤などを混ぜることで洗浄力が落ちるので、それを回避するため、後のタイミングで柔軟剤を混ぜ合わせるために別口になっているとのこと。

今回は一度洗ったジーパンをまた洗濯するのでムリにこちらに入れる必要もなかったですが一応ってことで。

まずは乾いていても生乾き臭のするジーパンを洗濯機に入れます。毎日履いていたジーパンですが、しばらく放置していたため、生乾き臭が強くなってしまいました。ジーパンは肉厚な生地なので、一度匂いが付いてしまうと繊維の奥に菌などが入ってしまってクリーニングでも匂いが落ちにくいとのことです。クリーニングでもダメだったので、あと頼るものは重曹しかありませんでした。

普通の洗剤を入れて洗濯開始です。

普通に洗濯して乾かします。

結果、匂いがほとんどなくなりました♪ これは見事という他ありませんね!ごくわずかに生乾き臭が残っていたのでもう一度同じ手順で洗濯し直したところ、今度は完璧!まったく匂いがなくなりました!これで職場などでも匂いを気にする必要がなくなって本当に良かったです^_^ ジーパンの生地にもダメージは一切なく普通に洗濯した状態と全く変わらずでした。

最後の手段として重曹を使ったので、本当にこれで匂いが消えて良かったです。後には洗剤のいい香りしか残りません。もし匂いが消えなくて困っているなら、ぜひ重曹を使ってみてはいかがでしょうか。見事に匂いが消えると思いますよ^_^

⇒楽天でミヨシ暮らしの重曹を探す
⇒ヤフーショッピングでミヨシ暮らしの重曹を探す


関連記事