程よい辛さと魚介系の旨味!エバラ キムチ鍋の素 レビュー

今回は、エバラ キムチ鍋の素のレビューをご紹介します!

エバラ食品から発売の『キムチ鍋の素』は、魚介と鶏の旨味を効かせたコク深い味わいのキムチ鍋の素です。エバラ食品の鍋の素は数種あり、近所のスーパーで手頃な価格で売っています。しっかりとした味わいが楽しめ、具材を煮込むだけで本格的な味わいが楽しめるのが特徴。寒い日が続くので、ピリッとした辛さで体を温めてくれるお鍋の素を求めて購入してみました。

パッケージはボリューミーな具材と豪快な豚肉が印象的な画像に簡単な商品名が記載されています。エバラのキムチ鍋の素は小瓶の濃縮タイプが定番ですが、こちらは薄める必要のないストレートタイプ。

裏面には材料と作り方、原材料、成分表などが記載されています。

作り方はシンプル。このキムチ鍋の素をよく振ってからお鍋に移し、具材を入れて煮込むだけです。キムチ鍋なので野菜類と豚肉を入れるだけでもいいですが、豆腐やきのこ類、そしてキムチを入れてもより美味しくいただけます。

成分表です。

1袋(750g)当たり

エネルギー 203kcal
たんぱく質 12.0g
脂質 1.5g
炭水化物 34.5g
食塩相当量 22.9g

では調理をしていきます。まずはキムチ鍋の素をしっかりと振り混ぜ、お鍋に移します。赤みがかったスープに、しっかりとしたキムチと魚介系の香りが漂います。

具材は白菜、大根、人参、もやし、えのき、豚肉、豆腐をチョイス。まずは一口大にカットした白菜の根元や大根、人参を入れて蓋をし、しばらく煮て火を通しておきます。ある程度具材に火が通ったら、白菜の葉の部分やもやし、えのきを入れて蓋をして煮込みます。

後入れの具材にも日が通ったら、豚肉をほぐしながら入れ、切り出した豆腐も入れてさらに少し煮ます。そうするとこの状態に。

最後にキムチを入れたらキムチ鍋の完成です。

では食べた感想です。

野菜をたっぷりと入れた割には薄まっておらず、程よい辛さと魚介系の旨味があってとても美味しいです。丁度いい味。臭みはなく、キムチのピリッとした辛みもそこまで強くないので食べやすいです。野菜の味もしっかりとありますし、具材として入れた豚肉にも甘みが感じられて、鍋全体の味がまとまっていますね。

キムチをトッピングすれば辛みも増しますし、野菜を食べ干したあと、ご飯ととろけるチーズを入れて煮込めばリゾットとしても楽しめます。リゾットも具材の味を吸収したキムチスープとまろやかなチーズにコクがあってキムチ鍋の素との相性もバッチリ。鍋のひとときが十分に味わえる安定した美味しさのだしの素でした。

⇒楽天でエバラ キムチ鍋の素を探す
⇒ヤフーショッピングでエバラ キムチ鍋の素を探す


関連記事