おすそわけ村 宮崎牛 味噌漬け焼肉切り落としのレビューです。

今回は、おすそわけ村 宮崎牛 味噌漬け焼肉切り落としのレビューをご紹介します!

おすそわけ村で販売されている宮崎牛の味噌漬け焼肉切り落としは、全国和牛品評会で2大会連続日本一に輝き、内閣総理大臣賞を受賞した宮崎牛の切り落としを味噌漬けにし、より宮崎牛の美味しさを引き出した一品です。今回、「和牛の達人」として新聞に広告が出ていたのを見て注文してみました。

宮崎牛は全国和牛応力共進会において、日本一を2連覇した最高品質の牛肉。ステーキや焼肉にする再に出るギフト規格外の部位を味噌漬けにしてあります。なので、品質自体はA5ランクで、その切り落としが使われているので柔らかさも一級品。「ひと口食べれば感動もの」の味が楽しめます。それでいてお値段は300gあたり1,980円という超低価格。今回は2パック購入してみましたので、レビューしていきたいと思います。

まずは新聞の切り抜きから。どのページかは忘れましたが、縦長の広告が掲載されていました。通常3,230円のところが1,980円でさらに送料無料。

そしてこちらが届いた宮崎牛の味噌漬けのパッケージです。木箱というわけにはいきませんが、それらしいダンボールに入って届きました。2個注文したのでこれが2箱届いています。

ちなみに外箱はこちらです。冷凍ものなのでチルドゆうパックですね。

では開封。こちらが中身になります。凍っているのでカチコチですが、適度に脂身もありますね。切り落としなので平たいステーキ肉ではなく、半端ものを集めて味噌漬けにしたものになっています。

味付けは味噌、大麦、砂糖、ごま油、みりん、唐辛子など。ピーナッツが入っているので、アレルギー体質の方は注意が必要そうですね。

そして冷蔵庫で1日置き、解凍しました。見た目的には凍っている状態とあまり変化はなし。

刻んだ唐辛子なんかも見えますね。

真空パックから取り出すとこんな感じ。見た目がいいとは言えませんが、しっかりと味噌に漬かっていますし、嫌な臭みもなく、クセなく食べられそうです。脂身の固まり部分はありますが、食べるかどうかはお好みで。お肉は切り落としなのでつながっているわけではなく、箸で引き離すだけで分離します。それでもサイズの大きいものもあるので、一口大にカットしておいたほうがいいかもです。包丁でスーッと切れるので、簡単に一口大にできますよ。

ホットプレートで焼肉です。ホットプレートのほうが温度が低めなので、表面がそれほど焦げ付かずに中まで火が通りやすいと思います。七輪など火が強いものだと焦げないように見張っておく必要がありそうです;

では食べた感想です。

さすがにA5ランクのお肉なだけあってウルトラ柔らかいです!歯がなくても食べられるくらい。この柔らかさはこれまで食べたお肉の中でもダントツ!ヒレやロースとはまた違った柔らか食感が味わえますね。

欠点は味噌漬けなので焦げやすいということ。ひっくり返すのを少しおろそかにすると、すぐに表面に焦げができてしまいます。適度に様子をみつつちょうどいい頃合いで裏返すといいですね。

火が通りやすいのであっという間に焼けてくれますが、元々色が茶色なだけに、焼けたかどうか確認しづらいのも欠点かな?それと、筋の部分はちょっと固いところもありますね。ですが十分な旨味もありますし、味もジューシーで間違いのない味です。

味付けが濃いので、ご飯は必須です。ご飯がないと味が辛く感じるかも。それと鉄板も焦げやすいので、早くから焦げの香りが出てきてしまいます。なので、肉を焼く順番としてはタン塩などを先に焼いていただき、シメとしてご飯と一緒にこの味噌漬けを食べるのがいいですね。

この質の高さなら何パックも確保しておいてもいいくらい。味や柔らかさは間違いないので、美味しくて安く、質の高い焼肉を食べたいならオススメの一品です。

⇒楽天で宮崎牛の味噌漬けを探す
⇒ヤフーショッピングで宮崎牛の味噌漬けを探す


関連記事