Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14のレビューです。

こんにちは!今回は、Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14のレビューをご紹介します!

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14は、一眼レフカメラ用の充電式バッテリーです。対応している一眼レフカメラの種類はD5200、D5100、D3200、D3100、COOLPIX P7700。

この充電式バッテリーを使用するには、ファームウェアがD5200は「C:Ver.1.01」以上、D5100は「A:Ver.1.02・B:Ver.1.01」以上、D3200は「C:Ver.1.02」以上、D3100は「A:Ver.1.02・B:Ver.1.01」以上、、COOLPIX P7700は「Ver.1.3」以上にバージョンアップが必要です。基本的にはそのファームウェアになっていると思いますが、もし使えないようなら以下のバージョンアップ方法をご確認ください。

⇒デジタル一眼レフカメラ ファームウェアバージョンアップの手順について

自分が使用しているカメラはD5200で、ファームウェアを確認すると「Ver.1.01」になっていて問題なく使えました。

今回このニコン リチャージャブルバッテリー EN-EL14を購入した理由は、ガンプラ撮影時に何枚も長時間撮影していると電池がなくなり、一旦撮影を中断しなければいけないというもどかしさがあったからです。せっかくいい写真が取れているのに、電池の残量を気にしながら撮影をしなければいけなかったり、電池がなくなることで撮影のリズムが崩れたりするのがとても煩わしいので、そういったもどかしさをなくし、快適に撮影をするためです。

アマゾンでレビューを見てみると、「ニセモノ」が届いたというレビューが多く、自分も購入時はかなり不安がありました。レビューを見る限り、ニセモノの特徴は以下の通りです。

1:正規品(純正品)にはある乳白色の「バッテリーキャップ」がない。
2:「外箱」のホログラムシールがない。
3:「説明書」の文字がカスれている。
4:正規品と比較し、バッテリー記載の「書体」がおかしい。
5:バッテリーを包む「ビニール」がよれている。

購入者からすると、ニセモノが届いて使えないのではとても納得がいかないので、今回購入して届いたニコン リチャージャブルバッテリー EN-EL14のレビューをご紹介したいと思います。

dsc_0158

すでに開けちゃってますが、アマゾンのダンボール袋に入って届きました。内側にプチプチが付いているパッケージです。これにプチプチ小袋に包まれたニコン リチャージャブルバッテリー EN-EL14が入っていました。

dsc_0159

特に箱とかに入ってなかったので、「ニセモノ」じゃないのか?とちょっと不安になりました。

dsc_0160 dsc_0161

プチプチの小袋から出した状態。日本語や英語、中国語で記載のナイロン袋に入っているだけなので、さらに不安が^_^; ですが、ニセモノの特徴のひとつに『正規品(純正品)にはある乳白色の「バッテリーキャップ」がない。』とあったので、今回購入したものにはバッテリーキャップがきちんとついていて一安心でした。

dsc_0162 dsc_0163 dsc_0164 dsc_0165

裏面のデザインもフォログラムシールも本物と同じデザイン。

dsc_0166 dsc_0167

見た目的にも正規品とほぼ同じ。文字もキレイにプリントされていて、文字の内容も正規品と同じ記載でした。ニセモノが出回るなんてホントにいい迷惑ですね。

dsc_0169 dsc_0170

↑D5200に付いているリチャージャブルバッテリー EN-EL14(正規品)を撮影してみました。今使っている(撮影している一眼レフカメラに入れているバッテリー)のが今回届いたものです。きちんと使えています。

自分はアマゾンの購入ページで『この商品は、Kabau.が販売し、Amazon.co.jp が発送します。』と記載のあるものを注文し、問題なく正規品が届きました。値段がそこそこしますし、ニセモノが届くのはとてもいただけないことです。もし購入する場合は、ニセモノにならないよう注意してご購入くださいまし。

以上、Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14のレビューでした。

今回のレビューがNikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14のご購入を検討されている方に、正規品を入手するための手引になればと思います。


関連記事