spigen シン・フィット iphone7スマホカバー、車載ホルダーエアー ヴェントのレビューです。

こんにちは!今回は、spigen シン・フィット iphone7スマホカバーとspigen 車載ホルダーエアー ヴェントのレビューをご紹介します!

spigen シン・フィット iphone7スマホカバーは、柔軟性と耐久性の高いポリカーボネート素材を使用したiphone7用スマホハードケースです。従来の製品よりもさらに薄くて軽くしてあるので、iphone本体のデザインとスリムさを損なうこと無く、ほぼそのままの状態で楽しむことができます。

spigen 車載ホルダーエアー ヴェントは、スマホをエアコンの吹き出し口などに取付可能かつスタンド変わりとしても使えるマルチホルダーです。カーナビアプリ利用時にも、スマホを落とすことなくしっかりとホールドしてくれます。

ではまずspigen シン・フィット iphone7スマホカバーのレビューからどうぞ。

spigen シン・フィット iphone7スマホカバーの特徴は以下の通り。

・iPhone7 本体にフィットするように設計されたケース
・各ボタンの操作性、アクセスしやすさを考慮した最適設計
・前面と背面のフチを少し高めに設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護してくれる
・磁気プレートを装着できるので、別売りのホルダーを使うことでエアコン吹き出し口などに取付可能

細部までこだわった設計がされています。

パッケージはオレンジとブラックのオシャレで味のあるカラーデザイン。表裏ともにほぼ英語表記なので、英語が読めない場合は意味がわかりません^_^; spigen(シュピゲン)は、カリフォルニア発のガジェットケースブランドとのことです。日本ではシュピゲンジャパン株式会社が取り扱っています。

一応簡単な言葉のみ、いろんな言語で記載されています。絵だけでも使い方が分かる商品なので問題ないですね。

では開けてみましょう。

箱の上部に『Try it』の文字が。英語なだけに少しオシャレな感じがします。『Try it』には色んな意味がありますが、ここでは単純に『引き抜く』だと思います。

特にプラケースはなく、箱の中に直接ビニールに包まれたスマホケースが入っています。まぁスマホケースは軽いですし壊れにくく出来ているでしょうから、プラケースに入って無くてもあまり破損していることも無いと思います。

スマホケースは若干シックなつや消しっぽさもありますが、ジェット・ブラックのツヤ感も少しあります。フラットブラックとジェット・ブラックの中間くらいかな~というところです。材質は少しゴムっぽいところがあるので、白いホコリだったりがつきやすそうですね。黒デザインだけに白い汚れはけっこう目立ちそうです。

ですがプラ素材なので、ホコリがついてもサッと手で拭くだけで取り除くことができます。ゴムのようにずっとついたまんまということはないですね。きれいに取扱できそうです。ゴムのような感覚とプラ素材の感覚の両方を持ち合わせている感じ。なので手にしても滑りにくくなっています。

内側には磁石を貼り付けて置けるスペースも容易されています。内側は少し凹んでいますが、外は平らなので凹みがわからないようになっています。

iphone7に装着。iphone単体だと思いっきり滑りまくって、落として破損させてしまいそうでしたが、これをハメることで全く滑ること無く、手にしっくりと収まる感じになりました♪これはなかなかいいですね~♪

ちなみに以前のipnoe6に使用していたのもspigenのクリアーフレームケースですが、こちらはか最薄で強度に関しては不安のあるものでした。少しグリップが弱いので比較的落としやすいスマホケースでした。

ですが今回のシン・フィットは全く滑ることがなく、かなり持ちやすいです。特徴としては、全体的にボリュームがあるのでスマホが少し肉厚になることですね。表面も枠が少し(1mm程度)飛び出ているので少し違和感があります。ですが逆に、ガラス面を下にしてスマホを置いた時、表面が直接下に触れないので表面を保護してくれるという役割になっているのでキズがつかずにすむと思います。

そして側面も少し肉厚な分、落としても耐久性は高そうです。スマホへの負担も軽減されそうなので安心です。デザイン的にも悪くないですね。

そこまで大きくもなく、小さくもなく、最低限スマホを保護してくれますし、デザインもいいので申し分ないと思います。オールマイティーさがあるスマホケースなのでお薦めですよ。

では続いてspigen車載ホルダーエアー ヴェントのレビューです。spigen 車載ホルダーエアー ヴェントの特徴は以下の通りです。

・iphone6、Galaxy S6などの端末を簡単に脱着可能
・ホルダーに十字の切れ込みがあるので、縦、横両方の向きでエアコン吹き出し口に設置可能
・ゴム製素材なので取り外し時にキズが付かない
・マグネットを使用するとしっかりと端末を固定でき、お好きな向きで取付可能。
・キックスタンドとしても使えるので、いつでもどこでもテレビアプリや動画アプリなどを楽しむことができる

こちらもオレンジとブラックのカラーリング且つ英語表記の商品です。

こちらには特に『Try it』の文字はなし。

しかもこちらは透明のプラケースに入っています。表面には磁石のプレートが乗せてあり、下に入っているホルダーとしっかり磁石でくっついています。

説明書も付属。全て英語表記です^_^; 英語がわからない場合は図だけで判断しろってことです_| ̄|◯ 大体主に磁石プレートの貼り方についてですね。

磁石を剥がすとこんな感じ。磁石の下にあるのは、スマホケースに磁石プレートを貼り付けるためのシールです。

内容物は全部で5種。ホルダー、磁石プレート(四角型)、磁石プレート(丸型)、磁石プレート用シール(四角型)、磁石プレート用シール(丸型)。説明書が無くてもぜんぜん分かるくらい単純な作りの商品ですが、このホルダー&磁石プレートがあるだけでだいぶ助かります。

特にスマホをカーナビ代わりにしたり、テーブルにスマホを置いてテレビや映像を干渉したりするには便利なアイテムになっています。

では磁石プレートをスマホケースに内蔵します。特にシールを貼らなくても、そのまま入れておくだけで問題ないと思います。

スマホを振っても全然カタカタすることもないですし、うんともすんとも音がしません。裏面から見ても入っていることもわからないですね。

そしてホルダーを装着。かなり吸い寄せられるようにしてしっかりとぴったりと食いつきます。少々のことでは剥がれない感じ。他のレビューを見ても、車が走っているときでも全く剥がれないというのがあったので、この食いつきなら納得できます。

そしてテーブルなどに立てて置いて置けるので、普通にテレビを見るのも容易です。旅行に持っていったりすると、新幹線内やホテルなどでもラクにテレビや動画を見ることが出来ますし、いろんな場面で重宝するホルダーだと思います。持っておいて損はないと思うのでお薦めですよ。

⇒楽天でspigen シン・フィット iphone7スマホカバーを探す
⇒ヤフーショッピングでspigen シン・フィット iphone7スマホカバーを探す

⇒楽天でspigen車載ホルダーエアー ヴェントを探す
⇒ヤフーショッピングでspigen車載ホルダーエアー ヴェントを探すを探す

⇒アマゾンスマホカバーランキングを見る
⇒楽天スマホカバーランキングを見る


関連記事