サントリー 澄みわたる梅酒 南高梅ソーダのレビューです。

こんにちは!今回は、サントリー 澄みわたる梅酒 南高梅ソーダのレビューをご紹介します!

サントリー 澄みわたる梅酒の南高梅ソーダは、紀州産南高梅をしっかり漬け込み、丁寧に蒸溜することで、梅の爽やかな香りを抽出した、澄みわたる梅酒らしい、後口のキレのよさと梅酒の満足感を両立した梅酒ソーダです。

生田斗真さんのCMでお馴染みの『澄みわたる梅酒』の南高梅を使用したソーダ版で、セブン&アイグループ限定の販売商品です。

DSC_0001 DSC_0002

缶のデザインは、CMで紹介されている瓶の『澄みわたる梅酒』になんとなく似せてある感じ。梅とソーダのスッキリとした爽快感は感じることが出来ます。

DSC_0004

DSC_0007

DSC_0008

特徴は人工甘味料不使用、保存料不使用、着色料不使用で、体にも安全なところでしょうか。

ゴールドの文字は、”紀州産南高梅を主体にじっくりと漬け込み、丁寧に蒸溜することで、梅の爽やかな香りとキレの良い贅沢な梅酒ソーダができました”と記載があります。

DSC_0005

成分表です。

100ml当たり(一本:350ml)

エネルギー 52kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 5.9g
ナトリウム 0~15mg
糖類 5.51g

では開けてみましょう。

DSC_0009

梅酒の香りそのままですが、少し香りが弱いかな?って感じです。爽快さがあっていいですね。香りだけでほろ酔い気分になれそう。

DSC_0010 DSC_0011

炭酸の泡がジュワ~っと広がって消えていきます。表面の泡が消えても下の方から小さい泡が続々と湧いてきます。これまた爽快さがあってなかなかいいですな。

色は無色透明。梅ソーダとしてはよくある見た目です。

では飲んだ感想です。

思ったよりも甘さ控えめで、アルコール感が少しだけ強いです。かと言って大人向けというわけではなく、なんとなく背伸びしたいお年ごろの若者に向けた感じがありますかね~。

それか少し酔いを強くしたいお姉さんに最適な梅ソーダかもです。美味しいですよ。

飲みやすいかどうかはアルコールがどれくらいOKかによると思いますが、普通にお酒が飲める人にとっては飲みやすくさっぱりとした後味でいいですね。後味にはわずかながら梅の酸味なんかも感じられて、ウメッシュなどとは少し違った味わいを楽しめます。

甘さが砂糖の甘さではなく、天然の甘味料的な甘さなので、舌に絡みつく甘ったるさは無いですし、舌がスッキリしている感じ。後味に甘さは殆ど無いです。それなのに梅の風味や香りはしっかりと感じられて、こちらも天然の梅の味をしっかりと確認できます。

甘さが苦手、もっと酔いたいに応える梅ソーダで、何杯でも行けそうなスッキリ味です。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆ 3.5
香り ☆☆☆ 3.5
のどごし ☆☆☆ 3.5
飲みごたえ ☆☆☆ 3.5
酸味 0.5
満足度 ☆☆☆☆ 4


関連記事