岩塩がうまい!クセになる!トーレス 黒トリュフポテトチップス レビュー

今回は、トーレス 黒トリュフポテトチップスのレビューをご紹介します!

TORRESトーレス・セレクタから発売の『トーレス 黒トリュフポテトチップス』は、スペイン産乾燥黒トリュフを使った味も香りも贅沢なポテトチップスです。カスティーリャ・レオン州ソリアの農場で収穫された高品質なポテトやひまわり油やオリーブオイルなど、厳選された自然素材を使った一品。

近所のショッピングモールに出店しているカルディで見かけて気になったので買ってみました。価格は2人前1袋で税込み324円です。

スペイン産の輸入品で、パッケージは全てスペイン語での記載となっています。

ちなみに生産元のパタタ・フリタス・トーレス社は1969年にスペインのバルセロナに設立されたお菓子メーカーです。

主にポテトチップスを製造、販売していますが、この黒トリュフポテトチップスの他に『キャビア風味ポテトチップス』、『地中海ハーブポテトチップス』、『イベリコハム風味ポテトチップス』、『フォアグラ風味ポテトチップス』といった種類があります。なかなか目の付け所が違いますね;

裏面の右下に日本語で記載されたシールが貼ってあります。

成分表です。

100g当たり

エネルギー 588kcal
たんぱく質 5g
脂質 44g
炭水化物 44.8g
食塩相当量 1.5g

開封。臭みの少ない揚げ油の香りがしますね。比較的新しそうな油の香り。ですが鼻を近づけて嗅ぐと確かにトリュフの香りがします。このなんとも言えない香りが魅力的。

日本のポテトチップスのように上を摘んで開くのは難しいようでした。なので縦に切り裂くように開封。上部に切り込みが入っているので、一応開封はラクです。

チップスは少し黄色味が強いです。匂いを嗅げば嗅ぐほどOhと思わず感じてしまいますねf^_^;

では食べた感想です。

一口めから、「ん〜〜〜!!」というトリュフのなんとも言えない風味が広がります。ですが二口目から風味にも慣れて、シンプルな塩味ポテトチップスの味になっていきます。少しトリュフの風味は残っていますが、まったりとしたアクセントになっていてなかなか美味しいですね。

中には岩塩も入っていて、しっかりとした塩気があって美味しいです。何気にこの岩塩がうまい。食感は堅揚げポテトよりは柔らかく、サクサクとした食感。

少し間隔をあけてからまた食べるとトリュフの風味がまたやってくるという面白い味。ホルモンなどの内臓系を食べたような風味も若干ですがありますね。トリュフが苦手だと厳しいですが、大丈夫な人だとクセになってハマりそうな、面白味のあるポテトチップスでした。

⇒楽天でトーレス 黒トリュフポテトチップスを探す
⇒ヤフーショッピングでトーレス 黒トリュフポテトチップスを探す


関連記事