萬來 鹿児島 黒豚角煮弁当のレビューです。

こんにちは!今回は、萬來(バンライ) 鹿児島 黒豚角煮弁当のレビューをご紹介します!

萬來(バンライ) 鹿児島 黒豚角煮弁当は、鹿児島県産の黒豚を特製のタレでじっくり煮込んだ角煮の弁当です。販売している駅や空港はJR九州の鹿児島中央駅、鹿児島空港などですが、九州・沖縄物産展などでも購入可能。自分は近所のスーパーの全国駅弁・空弁まつりで購入しました。お値段は税込み1,080円。

販売元の萬來(バンライ)は、黒豚角煮をはじめ、唐芋ロールクレープや唐芋タルトモンブラン、豚足といった、北海道を代表する黒豚や唐芋を使った商品を販売する会社で、萬來の黒豚はヒルナンデスやサンデー・ジャポンなどのテレビ番組でも取り上げられる人気商品です。

萬來の黒豚角煮は、鹿児島産の黒豚を焼酎と黒砂糖を使った特製ダレでじっくりと煮込み、トロトロに仕上げられた一品。萬來の楽天ホームページでは、この黒豚角煮を通販で購入することができます。⇒萬來(バンライ)楽天ホームページ

img_4940

パッケージは長方形。和風で半熟煮玉子をのせた角煮弁当の写真が掲載。周りは紙質の箱で、左右からプラスチック容器を抜き差しできる、駅弁ではよく見る形のパッケージです。

img_4941

img_4942

img_4943

萬來の箸が付属。さすがに箸がないと弁当が食べられないので当然付いてきます。デザインはちょっと可愛らしい?ような紫のキャラクターのようなイラストが掲載されています。

img_4944

img_4945

箱を外すとこんな感じ。ちょっと光の反射で見えにくいですね^_^;

img_4946

角煮の上に透明のフィルムが張ってあり、商品がずれて見た目が悪くなるのを防いでいます。衛生面の効果もある抗菌シートです。

img_4947

サイドにはこれも九州ではおなじみのからし高菜が付いています。そして紅しょうがも口直し用についています。

img_4948

原材料はこんな感じ。

では開けてみましょう。

img_4957

蓋をあけると、冷めているにもかかわらず甘辛のいい香りがします。豚の角煮が5枚ほど、それに煮玉子、大葉フィルムの上に味噌が乗っています。この味噌はおそらく黒豚味噌だと思います。萬來ホームページでこの黒豚味噌も購入可能。

⇒黒豚味噌の購入はこちら

 

img_4958

煮玉子は色合いもよく、半熟感が半端ないです(^q^) 主役の角煮も当然適度に脂身があって美味しそう♪ 角煮の上には糸唐辛子がかけてあります。

img_4959

img_4960

img_4963

御飯にもたっぷりとタレが染み込んでいて、深い味わいを演出してくれます。

では食べた感想です。

豚の角煮がとっても柔らかく、口に入れるだけでホロホロっと砕けていきますね~♪ 味も甘辛味が十分染み込んでいてジューシーさが味わえます。味付けは甘すぎず辛すぎず、絶妙な甘辛さをだしていて、冷えた状態で食べても全く味に落ち度が感じられません。これはめちゃくちゃ美味い♪

角煮は冷えているのでさすがに白い脂身がネチっとしていますが、しつこくない脂身なので冷めた状態でも美味しくいただけます。レンジするとさらに美味しくいただけそう。

そしてさらに素晴らしいのは脇についている味噌。この大葉のビニールに乗っている味噌がまた風味がよく、ニンニクや甘辛味噌の風味が口から鼻に抜けていきます。そして角煮と一緒に食べることでさらに、一味違った深い味わいが楽しめるようになっています。最後まで飽きさせない味と楽しみがありますね♪

ご飯にもしっかりと味が付いていて、甘辛すぎない優しい味付けがちょうどいい感じ。

駅弁・空弁フェアで並んでいるお弁当の中では、カニやウニが入ったお弁当よりも少し見劣りしそうな角煮ですが、この味を知ってしまうとちょっとやめられなくなりそう。今まで食べた弁当の中で最高クラス、抜群の味付けのお弁当でした。正直、とても美味しいのでマジで食べて見て欲しいお弁当です。特に黒豚味噌付きで。萬來のホームページで似たようなものが購入できるので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

評価点(☆5段階評価)

味 ☆☆☆☆☆ 5
香り ☆☆☆☆ 4.5
食感☆☆☆☆☆ 5
食べごたえ☆☆☆☆ 4.5
辛さ 0.5
満足度☆☆☆☆☆ 5

⇒黒豚角煮飯の購入はこちら


関連記事